プライベートクラウドとオンプレミス

もともと企業内ではコンピュータ機器を買い、アプリケーションソフトを揃え、自社で運営するオンプレミスシステムが存在していました。そこに「クラウド・コンピューティング」というIT業界の中に新しい言葉が生まれ。さらに「プライベートクラウド」「パブリッククラウド」という言葉に2分されるようになったのです。「オンプレミス」と「プライベートクラウド」は似たように意味としてとられることが多いです。補足すれば「オンプレミス」システムを、社内的にもっと少ないサーバに集約させ、ネットを排したクローズドなシステム構築を図ったものが「プライベートクラウド」システムということになるでしょうか。大企業を中心にITの流れは「プライベートクラウド」の方向に流れています。流れに逆らわず、プライベートクラウドの考え方を勉強するのが得策ですよね。詳しくはこちらのサイトをご覧ください。


丸富さんが作る麺が大人気!!

ウェディングドレスレンタル 名古屋

リフォーム 川西 水回り

バッテリーを交換してほしいです。